わたしごと

【映画のはなし】「アクアマン」にワクワクしてしょうがない理由

【映画のはなし】アクアマン、ワクワクしてしょうがない理由

とにかく会う人会う人に「アクアマン」が公開します!と、出てないしなんも利益がなくても言い続けるキタムラ100%です(笑) もともと映画鑑賞は趣味だったんですね。最近時間がなくて見に行けなく、最後に見に行った映画が「モアナと伝説の海」でした。

月日が経って、久々に心が踊る様な映画に出会えました!
それが「アクアマン」です!
http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

というわけで、女子が安くなる日(レディスデー)に映画館で観てきました。 感想等はネタバレになるのであえて書きませんが、なぜ私が「アクアマン」が楽しみでしょうがなかったのか、そして「アクアマン」から学んだことをブログにしました。
映画はとても面白かったので、機会がありましたら劇場でお楽しみくださいませ♪

アクアマンとはどんな映画?

アクアマンは海底王国の王女が地上で出会った灯台守の間に生まれたヒーローです。陸で生まれ、海の生物とテレパシーを使ってコミュニケーションが取れたり、海で息ができたり、能力は超人並みでめちゃ強いヒーローです。陸と海を渡り、陸では悪いヤツ(ここでは海賊に襲われた潜水艦に乗り込み助け出す)と戦い、海では地上からの海の汚染を食い止めようと地上を襲うことが始まり、海と陸での戦いが始まったというざっくりしたストーリーです。原作はアメリカの「DCコミック」が出版するアメコミでヒーロー系の映画(スーパーマンやジャスティスリーグなど)で登場していましたが、単独での実写映画は初めてとのことです。

アクション映画は迫力あってワクワクします♪

世界観が砂漠、古代都市、未来都市などのCGや映像がとてもすごい印象があり、中でも海の中の映像が素晴らしく、私たちが陸でうんたらかんたらしている間に海の中では大きな戦争が行われてるのか?と感じてしまします。
監督は「ワイルド・スピード」などを手がけたジェームズ・ワン。かつては低予算で斬新なストーリーやアイデアを考え表現し、アクションや背景などは本当に素晴らしかったです。

私がアクアマンに期待していたのは?

セブで出会ったアオウミガメ

そうですね、名前や海をイメージして予告編やポスター、SNSを見るとめちゃちゃ期待してしまいました。 海が好き、海洋生物が好きな私はこの映画で海洋生物と何匹、何頭出会えるんだろうか?とワクワクもします。実はアクション映画は大好きで、「ワイルド・スピード」も観てました。 まとめると見た目(表面)がめちゃすごそう!と期待しました。

映画をここ最近見に行ってないのもありましたので、久々に鳥肌が立つ作品だろうというPRはまさにターゲットとされていたのかもしれません。

海が好きな人はみなターゲットかもしれません(笑)

アクアマンで最も印象に残ったもの

お魚がいっぱい

海の生物がどんなふうに出るんだろうというのはものすごく期待していました。 仲間?兵器??それとも??と考えて映画を見ましたが、結果全てで出ていました。 映像に映る生物を「あれはシュモクザメ??」「あれはシャチ??」みたいに、見て探してという感覚で楽しんでました。 中にはエイリアンみたいな生物もいました。あとアクアマンは生物とのコミュニケーションも取れるからどんな風に話してるのかなとかも気になりました。

そしてストーリーが進むにつれて印象に今も残るものですが、アクアマンはなぜ戦うのか??という理由にありました。 ネタバレになってはいけないのでざっくりでしか伝えられないのですが、彼はなぜ戦うのだろうかということを考えると、本当に当たり前であって当たり前ではない根っこの部分がとても伝わりました。

どういうことかというと、ヒーローは悪いヤツがいて悪いヤツを倒すべく戦うんです。 これです! じゃぁ悪いヤツって放っておくとどうなるかはわかりますよね??ひょっとしたら自分も被害にあうことにもなります。 じゃぁ誰が行くのか??彼しかいないよね、というより自分ができる能力があるからこそ戦うんです。 戦う理由、それは現代にもおける働く理由やミッションをこなす理由にも繋がります。

そしてアクアマンに〇〇してしまった!?

ネコザメ

彼は陸で生きて海も生きる。陸と海を結ぶひとつの逸材なのかと感じます。 リアルに今海の環境がよくないと感じていたり、温暖化が進んで海の面積が広がっていくのかと感じます。これってどんなことがあってもそこで生きていかなければならないよなというものになるだろう未来を私自身が描いてしまいました。 陸も好き、海も好き、彼の様な強さと儚さがあるヒーローに私は恋をしてしまいました!
映画を見て、序盤からワクワクして終わっても興奮が止まなくて貴重な睡眠時間を削ってまで買ったパンフレットを見回しています。

最近しっかり寝たいのですが。。。

ワクワクを持続させるアクアマンの魅力

創るか調整するか

最近肩書きはデザイナーなのかクリエイターなのか??を一人で討論していました。 クリエイターであれば誰かがワクワクするものを作って、それをちゃんと伝えられる様にデザインをしていこう!と、 両方できるキタムラ100%にとって大事なものというのは「誰かをワクワクさせるものづくり」という新たなミッションが発生しました。となると、寝れなくなってしまうくらい頑張らんといけないなと夜でしたがそう感じました。

アクアマンは面白い映画です!

ワクワクしてしょうがない

映画の感想で飛んで来た方には申し訳ない内容かもしれませんが、できればまずは作品を見て欲しいですね。めちゃくちゃかっこよかったです♪かっこいいのは見た目だけじゃなく、アクアマンの中身だったり外見だったり感じるのは人それぞれですが、ここ数日誰かから、作品からワクワクできたとても良い経験をしたと感じます。

興奮してニヤけ顔が止まない様なクリエイティブかつ、この気持ちをちゃんとお仕事や自身のサービスに活かしていけたら素晴らしい人生が訪れるであろうかと考えるとワクワクが止まりません。

ほんま頑張らなあかん!とはずっと言いますが、必ず思いを乗せて届けてやると日々考えながら行動していきます。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

ホームページ制作・デザイン・イラストのご依頼はBlueFieldnetへ

フリーランスWebデザイナー・海洋生物専門イラストレーターが、大阪を拠点に海と地域活性の未来を繋ぎ創造するクリエイティブを目標に、色彩配色アイデアで未来への価値を繋ぐデザインと「可愛くてカラフルな海洋生物をもっと身近に」をコンセプトにしたイラスト制作をしています。

ネットワークという広い世界の中で個々の色彩を輝かせ、あなたのより身近に寄り添ったビジネスのより良いパートナーとして応援致します。

〜カラフルな未来を創造する〜

詳しくはコチラ