キタムラ100%のプロフィール

代表キタムラ アイ(キタムラ100%)のプロフィール

Webサイトの管理人、BlueFieldnetの代表を紹介します。

ヒトの姿「海を愛するクリエイター/海洋生物専門イラストレーター」

素敵なこの写真は「新レイヤ」さんに撮ってもらいました

基本データ

種類 :霊長類 ヒト科(性別はメス)
学名 :Homo sapiens(ホモ・サピエンス)
出身 :大阪府大阪市(大阪市の南側)
誕生日:1月30日
血液型:B型

所持スキル・実務経験

  • Webデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • イラストレーター
  • ライター(海・海洋生物に関する記事)
  • ディレクション(Web・紙モノ制作・イラスト・イベント)

取得資格

  • 2級色彩コーディネーター
  • パーソナルカラーアドバイザー
  • スキューバーダイビングライセンス(NAUI)

Web上では「キタムラ100%」と名乗るピンクのイルカ

普段はピンクのイルカで自分を表現しています

Web上では「キタムラ100%」と名乗っています。アイコンやイラストではピンクのイルカが目印です。
名前の由来はR1ぐらんぷりで優勝したヒヤヒヤする芸人さんを尊敬して名付けました。
理由は「これくらい自分には“度胸”がないとこの大海原をやっていけない!」と気づいたからです。

普段のイルカ(主にハンドウイルカ )は濃い灰色ですが、個性を出すためと、ピンク色は一言で表現すると「安心してください」という親やすさを表しています。

Twitter:https://twitter.com/BlueFieldnet
Instagram:https://www.instagram.com/ai_kitamura_taijin/

活動理念「カラフルな未来を創(つく)る」

仕事、スキルにおいての得意分野から、今まで時間とお金をかけて得たものが「色彩」「デザイン」「イラスト」「Web」です。
色や配色アイデアを活かして、印象に残る様により魅せる方法を色々として「デザイン」「カラー」「カラフル」にした創作物や空間、そして居場所を創ることに定評を得ました。

活動理念への想い

元々は引っ込み思案で臆病でした。その時に自分を発信できる手段としてWebを使って様々なことを学び、自立し外に跳び立すきっかけをたくさん作りました。
Webは全世界を通してたくさんの人が見る場所でもあり、世界が広がることで「未来を創る」ことができる、と確信したことで活動理念となりました。

あなたの未来を描くキャンバスにたくさんの色と未来を創る

芸術大学に進むなど、絵を描くことが大好きです。
現在は海洋生物専門でイラストを描いてSNS、グッズ制作などで発表いますので、海洋生物の可愛さをカラフルかつ華やかに魅せることでSNSや展示販売で人気を集めました。

〜未来を描くキャンバスに、描きたい色を載せる〜

「カラフルな未来を創る」という活動理念に落とし込みました

経歴(学生時代)

引っ込み思案の箱入り娘でした

「できないが当たり前」な日々を過ごし、自分で全てを遮断してしまいました。
幼少期から自分を出せる環境ではなく、出しても周りから芳しくない目で見られることもありました。
基本家から出してもらうこともなく、高校まで大阪市内から出たこともないくらいの箱入り娘状態でした。

ブログ記事「友達一人もいなかった私が尊敬する人に出会い、救われたことば」

そんな中、私の気持ちを理解してくれ、一歩踏み出すきっかけが中学時代にありました。
ブログ記事「友達一人もいなかった私が尊敬する人に出会い、救われたことば」にも記載していますが、中学2年の時に出会った担任の先生によって最初の壁であた「誰かに話しかける」ミッションをクリアして、少しずつ心を開きだしました。

アニメやマンガにハマった中学・高校時代

勉強が嫌いだった私の唯一の楽しみはテレビ東京でやってるアニメ枠(当時は18時から19時のアニメ)が楽しみで早く帰ったり、マンガが好きで主に「少年サンデー」を愛読していました。絵を書くのも好きだったので、アニメのイラストを描きながら楽しんでいました。
時には教科書に落書きもしたりしてました(やってはいけませんよ)

引っ込み思案だった私を変えてくれものはやっぱりアニメやマンガなど

中学から高校にかけて、アニメマンガにプラス、ゲームに声優さんにハマりました。情報が欲しくて近所の本屋で「アニメディア」という雑誌を毎月購入しました。
そんな中好きな人たちと繋がりたい!と感じましたが、周りに誰もいませんでした。もちろん友達もいませんでした。
大阪でも関連イベントはやってましたが親同伴でしか行くことができなかったため、毎回帰りに文句を言われるありさまでした。。。

ターニングポイント★Webを触ってから一気に世界が広がった

父親がネットワーク関係の仕事をしていましたので、昔からネットを使う機会もありました。
(当時ピ〜ガラガラガラって言うヤツ)
もっとアニメやマンガ、ゲームのことや声優さんのこと、そしてそのつながりを求めて当時「掲示板」というところに自ら書き込むようになりました。
その反応が今まで受けてきた批判ではなくウェルカムだったことを感じたので、インターネットライフを楽しむようになりました。

美術大学に入学して、PCを持ちWebサイトを作成しました。

大学時代に自分のPCを持ちました。持ったのは「PowerMac G4」です。
美術大学ではグラフィックデザイン、イラスト、映像、CGなどを学び制作していました。
(短大から入り、4年制大学に編入しました)
そして初めて自分でWebサイトを作成することになり、そのタイトルが「BlueFeeld」でした(サイトはもう閉鎖しています)

初めて京都で過ごし、東京遠征もしました。

大学が京都だったので、祖母の家に住みながら通ってました。家から出るのも、1人で寝るのも初めてです。また、アルバイトをしていつか東京のイベントに参加するためにお金を貯め、夜行バスも自分で手配して行くことになりました。
また、東京でインターネットを通してお友達もできました。
これまでに経験したことのないことばかりをして、こんなに世界が広がったんだ!と実感しました。

経歴(社会人になってから)

就職先が決まらず販売員として過ごす

私の時代は「就職氷河期」でしたので、新卒で就職することができませんでした。もちろん就職活動はしていましたが、やり方がわからなかったのもあり、卒業まで内定をもらえなかったのです。そこで、イベントでプレゼントを買いに行った某大手雑貨店を思い出しWebで求人応募したところ、最初は短時間のアルバイトで努めました。
研修が終わった時にフルタイム契約で2年間努めました。

大学時代の友人の一言でクリエイター業を目指す

大学時代の友達と海遊館に遊びに行きました。その時に「あんなに頑張って絵を描いてたやん!」と言われました。その時に大学時代の作品を引っ張り出し、大阪でアートの集団を検索して活動することになりました。販売員だったので基本土日は出勤なのでイベントになかなか参加できず思い切って退職しました(契約が変わるころだったのでちょうど良かったと思います)
同時に制作会社での就職も決まってアート、イベント活動がスタートしました。

ターニングポイント★イベント遠征のときに「八景島シーパラダイス」に行く

八景島シーパラダイスのドルフィンファンタジー

イベントの次の日に神奈川県の「八景島シーパラダイス」に行きました。
http://www.seaparadise.co.jp/
元々水族館は好きだったので行くこともありましたが、八景島シーパラダイスの「ドルフィンファンタジー」に行った時に見た宙に舞うイルカに感動し、この時に「この世界観を創りたい!」と、これまで見た世界感が一気に変わりました!
この思いを持ってアート活動しようと決めました。

世の中の厳しさを痛感する

仕事の仕方もわからず、仕事もできずのため制作会社はクビになり無職になりました。
「無職」は恥!と、親戚中から言われたりして短期バイトをはさみ、印刷屋さんでの就職が決まりました。しかし上司と合わず毎日のように怒られてました。
ついに精神的に追い込まれ過呼吸になることが多く退職することにしました。
アート活動においても芽が出ず、チャンスと感じた作品添削の機会を知ってポートフォリオを持っていきましたが散々な言葉を浴びて帰りました。

再び無職、フリーターを繰り返し「水都大阪2009」に参加

「水都大阪2009」というアートイベントが開催され、私はワークショップのボランティアスタッフとして参加しました。無職フリーターを繰り返していましたので大学生と一緒の時間を過ごし、参加アーティストさんとの時間も過ごしました。
中でも印象に残っているのが、めちゃめちゃ厳しいアーティストさんがいていろいろ注意されましたが、かなり遅くまで作品がかかってしまいましたが完成し、一致団結感を感じました。そして最後に「ありがとう!」って言ってもらえたことに優しさを感じました。
イベントでは途中で離脱することもなく最後までやり遂げました。

フリーのイラストレーターとしてお仕事をする

イラストレーターとしてフリーで仕事を受けていた頃もあり、東京へ売り込みにも行きました。この時期から約2年弱ですがフリーでイラスト制作をしていました。
当時は出版社3社などをめぐり、自身でアポを取り、ポートフォリオを持ち込みしました。
実際にお仕事も引き受けてましたが、この時は女の子イラストやパーツイラストを描いていました。

色彩学の職業訓練校を経てついにデザインの仕事に就く

本気で就職を考え、職業訓練校に通いました。
訓練校に通えば就職が決まりやすいと考えてましたが、就職できたのは半年契約の受託業務でした。そこで初めてデザインのお仕事をします。
営業さんがいて、私はクリエイターとしてお仕事をしました。
この時にWebデザインを初めて自分の手で制作し、納品までしました。

契約満了後再びWebデザイナーとして転職活動をしますが、当時経験はあったもののなかなか内定にならず、内定をもらった会社は程遠い「営業事務」という職種でした。

合わない職種に戸惑い、Webデザインをしっかり勉強することにした

営業事務時代は、お茶汲みや電話対応をしていましたがどれも苦手でした。。。
苦手を克服しようと、テレフォンアポインターをしましたが、受信発信共に経験し、最終的に使えないヒトとしてクビになり(この年で3回クビになってます)足を怪我したり2回も急性胃炎で倒れ、肉体的にも精神的にも参りました。
もう私には普通の事務関係は合わないと決心しました。

ターニングポイント★WordPressと、その周辺の方々に出会う

そしてそこで貯めたお金でWebデザインを学ぶべく「デジタルハリウッド」に半年間Webデザインを学びに行きました。
その時に出会ったのが「WordPress」でした。
難しすぎてとっつきにくいと感じたWordPressが今は仕事のオトモとして大活躍してくれています。

WordPressOsakaに参加した時の写真

ゆくゆくはフリーランスになりたい

この時期に出会ったのはフリーランスで活躍する先輩方がたくさんいました。働き方を見ると「憧れ」しかなくとてもキラキラして見えました。自分もそうなりたい!と思い学校を卒業したらフリーランスの準備として転職活動をします。

Webデザイナーとして第一歩を踏むも、選ばれないヒトに。。。

ブログ記事「腐った心を浄化した魔法の言葉!会社員時代のリアル失敗談で「選ばれない」人にならないために」

アルバイトでしたがようやく就職が決まり、チームにも恵まれていました。
しかしここで私は「選ばれないヒト」となってしまいます。

詳しくはブログ記事「腐った心を浄化した魔法の言葉!会社員時代のリアル失敗談で「選ばれない」人にならないために」に書いています。

MacBookを購入し、ダイビングのライセンスを取る

Kinkadesignの「ダイビングログ」ページに飛びます

沖縄で出会ったクマノミ

私の中ではようやく社会人として、自分のやりたいことができた第一歩でした。
その勢いからMacBookを購入し(今も使ってます)ダイビングのライセンスも取得しました。会社の有給申請ができた時に沖縄、フィリピンに行くなどの社会人の余暇を楽しみました。

ターニングポイント★コミュニティ、クリエイター200人祭りに出会う

映像クレジット

アルバイト→正社員→派遣社員を経て(クリエイター祭りに初参戦したのは派遣社員の頃でした)

会社でうまくいかない時期があり、その時にクリエイター・フリーランスの師匠であるカッシーさんに再開しました。
そしてコミュニティに所属し「クリエイター200人祭り」で実行委員としてデザイン、マーケティングを学びました。
学んだことに関しましては「キタムラノート」というnoteのこの記事に書いてます。
「クリエイター200人祭りについて、私が参加して思ったことや変化があったこと。そして。。。」

この時期に「いきものものや」でお世話になってる昆虫写真家の村松佳優さん、山本まゆさんなどたくさんの活躍するクリエイターさんと繋がりました。

フリーランスになって今

派遣先の契約が終了と共にフリーランスとして独立・開業しました。

今度は自らが変えていく活動

引っ込み思案だった自分を変えたきっかけとともに、自身のビジネスを展開することにしました。それが「海を愛するフリーランスクリエイター」および「海洋生物(うみのいきもの)イラスト」です。

海がより好きになったきっかけ

実は海とは全く関係のない環境で生まれました

私が海に目を向けるきっかけになったのは八景島シーパラダイスのドルフィンファンタジーのイルカとの出会いから、フリーランスになって海や海洋生物に関わる人たちとの出会いです。
それもふまえてなぜ海が好きなのか?という自身の経緯を兼ねてスライドに収めました。

「伝えたい」をカタチにする

世界イチ深いところからのおとどけもの 周参見町PRポスター(2017年海と日本PROJECT主催「うみぽす」入賞作品)
世界イチ深いところからのおとどけもの 周参見町PRポスター(2017年海と日本PROJECT主催「うみぽす」入賞作品)

「くじらに逢える町」和歌山県太地町PRポスター(2018年海と日本PROJECT主催「うみぽす」入賞作品)

「知らない」「知られてない」が原因で発展、発進しないと感じました。
としたら、「伝えたい」ことをカタチにしていくのがミッションであると確信しました。

この様な人達に届けたい!

  • 海や海洋生物に関わる人達
  • 地方で頑張っている人達
  • 自然を守る活動の支援

みなさん食卓に出てくるお肉やお魚を想像してください。地方で食べるとめっちゃ美味しいけど、都会で食べると味が違う!
実は私、ダイビングで地方行く前は魚があまり好きじゃなかった→鮮度と愛情が原因

情報発信する手段を一緒に作っていく

人が集まる→資産が増える→施設の強化、情報発信への投資→環境保護への投資

  • どこでも美味しいものが食べれる
  • 生活に欠かせない動物たちへの興味、共感、文化などを守る など

でも。。。1人ではできないんです!同じ思いを持った方と一緒に実現したい

地方で生産している人達と、私たちが持っているスキル(デザイン、プログラミング、ディレクションなど)で、情報発信する手段を作っていきたいと考えました。
キタムラ100%美味しいご飯を一緒に食べましょう♪一緒にイルカと泳ぎましょう♪

キタムラ100%得意分野

・海関係、海洋生物(特にイルカやジンベエザメ)のイラスト
・北欧系の様なシンプルかつカラフルなデザインやイラスト
・化粧品や健康食品素材を使用したデザイン(化粧品販売の経験有り)
デザインはオールマイティーで対応できますが、上記デザインを中心に対応しております。

キタムラ100%苦手分野(すみません。。。)

・ホスト、ギャバクラ系のギラギラしたデザインはあまり得意ではありません。。。
・病院の手術写真
・ホーラーやグロテスク系の素材は見ることも開くこともできません。。。
・金融関係(知識がほぼ無いです)
・高度なコーディングやプログラミング

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。