イベント

3年後の人生を考えるイベント「クリエイター200人祭り」を開催しました。

※記事を書いたのは12月24日です

こんにちは。とにかく明るいキタムラです。
※初めましての方もよろしくお願いします。

(この記事は12月24日クリスマスイブから書き出したものです)
12月18日に開催されました「3年後のあなたを変える!爆発スタート!クリエイター200人祭り!」を開催したお話です。

ご縁がありまして実行委員として参加しました

ご縁というか、実は私現在とある勉強会に参加しておりまして、その傍らでの実行委員としてでした。

開催はあべのハルカス

あべのハルカスでできんのか?と思いの方もいらっしゃいます。
実はできるんです!!
ちなみに、開催したハルカスの「貸し会議室」になっておりまして、誰でもとは言いませんが可能なのです。
詳しくはこちら
http://www.abenoharukas-300.jp/office/floor25.html

景色は最高でした

見てくださいこの景色(会場下見行った時の写真ですみません)
イベント開催前や交流会の時に皆さん写真を撮ってました。
昼から夜にかけてなので、景色が変わる瞬間が観れるのも素敵だなと思いました。

会場にはたくさんの人が集まりました

※ここからの写真は実行委員のポートレートフォトグラファー、新レイヤさんに撮っていただきました。

私も水面下ながら集客とかしておりましたが、以前交流会で知り合いました方やFacebook、Twitterを見て来ていただいました知り合いもたくさん来ておりまして、なんか同窓会の様な気分もありました。
そして、私も少しの時間ではありましたが参加者の皆様と交流できたのも嬉しかったです。

この日のミッションはタイムキーパーでした

実行委員長(虫の貴公子)が「タイムキーパーがこのイベントの鍵を握ってるんだよ」と言われ、この宿命をまさかこのポンコツに!!??
※時間配分苦手
かなりプレッシャーかかってました。

ちなみに、1人ではなく今回ははてぶ(はてなブックマーク)王でありエクセルの妖精さんに助けていただきながらも無事ミッション成功!!
というのは、私がこの時間を大切にしたいという気持ちもありまして。。。
それは「交流会」です。

イベントというか、仲間を見つけて欲しい

私もそうですが、クリエイター系はどうしても孤立してしまいがちなので、それを解消し、仲間を見つけて一緒に頑張ろうよ!!という形のイベント作りに関わりたいと思い今回参加しました。

そのためには、セッションや告知なども大事ですが、いちばん大事にしたいのがインプットよりアウトプット。
簡単に言えば「聞くより話す」これが今の自分もそうですが大事なんだと思いました。

時間との戦いの先に見えたもの

タイムキーパー側からの視点を書かせていただくと、この様な発見がありました。
「声の大きさやスピードがはっきりわかる」
ってめっちゃ上から目線みたいな(汗)
そこから適切な指示ができたのもありました。
例えばこんなふうに

ゆっくり喋らんかったらポケモンGO初期化する!!

ちょっと言い過ぎかもしれないんですが、話す大きさやスピードはいかに相手に伝える気持ちが表されてると思いました。
これ、自分も気をつけたいなと思いました。

あとは、2箇所ほどヒヤヒヤした部分もあります。
時間が押しそう、予定が急に変わる!!っていうドキドキ感もありましたが、無事乗り越えられました!!

登壇者の皆様について

※これはタイムキーパー側から聞いた感想ですので、声だけ聞いての感想です(スライドは後ほど拝見したいなと)

高橋直通さん

高橋直通さん
「30代で転職して未経験から2年で独立!!悩みまくりな自分が悩みを解決できた、3年後を変えるためにマジで伝えたいこと」
未経験からクリエイターになり、独立したお話。

高橋さんは相手に話しかける様なトーンとスピードで、いかに話の内容がすらっと入ってくる様な感じでした。
内容も、未経験から独立した話であり、すごく興味深いものではないかと感じました。未経験といっても、今までの仕事で築いたことも結構生かしてるのも成功として、そしてユニークな経歴が生じて聞き手も学び楽しめる様な内容でした。
後ろまで声が届いてるかはちょっと心配してましたが大丈夫だったと聞いております。

片岡瞳さん

片岡瞳さん
「めっちゃ働いたら病気でダウン!!病弱グラフィックデザイナーが独立し、好きな仕事を続けている秘密☆」
好きな仕事なのに、体調不良で働けなくなった経験をもとに、自分らしい働き方で成功した話。

普段からお話する際も、ゆるふわな印象が大きい片岡さんの話は、話すスピードも大きさも安定感があり、すごく内容が入りやすかったと思います。
また、内容自体も個人的に共感を得るもので、今もこの様な症状を持ちながら働いてる人も多いだろうと。そんな人たちへの思いも込めた内容でした。
ゆるふわな雰囲気から、タイマーと戦うのがすごく申し訳ないくらいもうすぐ「終了」の札を出す瞬間(汗)でしたが奇跡が起きたのでほっとしました。これはばけふわの仕業だと思っております(笑)

村松佳優さん×福田拓也さんの対談

村松佳優さん×福田拓也さん
【働き方を徹底対談!】働き方をチェンジした昆虫写真家と働き方をコーディネートする就職相談屋

実行委員長の村松さんと人材コーディネーターの福田さんいによるトークセッション

働き方はまさに「人生十色」というお話で、この2人の会話がめちゃ面白いです!!
ボケもツッコミもなく弾丸トークが印象的でした。
しかし、今の時代「正社員が全て」という考え方ではなく「アルバイトや派遣でも、自分らしい働き方は人それぞれ」なのです。
ちなみに、私はアルバイトも正社員も経験していますがそれぞれのメリットデメリットもわかったことにより自分の働き方をあえてチェンジした1人です。
ただ、ここで気付いたのが「幸せか?」ということです。

トークセッションは唯一の息抜きできるとこでもあり、和気藹々な雰囲気がとても良かったです。

カッシー(樫本祐輝)さん

カッシー(樫本祐輝)さん
「クリエイター支援5年間の統計爆発!結論:あなたの未来を変えるのは◯◯するだけだ!」

フリーランス、クリエイターの神であるカッシーさんのお話。
内容はめっちゃ濃いんですよ。
そのため

ゆっくりしゃべる

この様に、弾丸トークでした。
弾丸トークでしたが内容やお話を分析するとクリエイターやフリーランスに関するありとあらゆる情報分析やカッシーさんの思いが熱くなってるものというのは間違いありません。
しゃべりとスライドの内容を上手にリンクさせることができたら、この先忘れられない内容になります。ちなみに半月前に去年のスライドを拝見しもう1度会いたいと思ったわけです。
ちなみに、スライド無しは慣れないと結構大変だと思いますよ。

登壇予定の方は、感想を聞く相手に「タイムキーパー」を加えて見てはいかがでしょうか(笑)

チームワークが成功のもと!!

私は、このイベントを通してチームワークの大切さに気づき、いかに自分が迷惑をかけてしまったことも含めて相談することや、できないことを明確にして助けてもらう。助けてもらうことへの感謝の気持ちを忘れない。

性格上、1人でなんでもやってしまいがちで、できないことも無理したり、計画が立てれなく結局できなかったりという悪循環を生きて来た年数ずっと悩んでいましたし、たくさん失敗しました。
失敗の末、人間不信になったり体を崩すことも多々ありました。

自分の失敗は、相手や場所、立場への影響は大きいことに気づけたくらいめちゃめちゃ臆病で不器用でした。

タイムキーパーもそうですが、当日のスケジュール、事前準備もできないことはきちんと相談、助けてもらうことも大事。しかし自分もできることは精一杯頑張り、今度は自分ができることで手を貸すことも出来る様になっていきたいなと。

失敗は生き恥ではなく財産

昔から失敗を恐れる性格でした。
なのに失敗をして落ち込み、何度もなんども逃げたくなりました。
ただ、ここ最近の仕事やイベントメンバーからはそりゃもうキツイこともめっちゃ言われましたし仕事中や移動中にもかかわらずトイレを見つけて泣いたりしました。
(道中で泣いたこともあります)

「私には何もできない、無力だ」
何度も思ったり口に出したりしたこともあります。

ちなみに私がこのイベントで犯した失敗は以下です。
・相手ことを考えなかった行為
・一緒にやり遂げよう!!という意思がなかった
・スケジュール感が緩く、まー大丈夫だろうという無責任
・遠慮しすぎて本来言わなきゃならないことを言えてない、まとめてない。
・意思疎通、残念ながら自分の持ってる障害により、それに似合わない方法を取っていたため。

言われることが気づき

大人になるにつれて、この様な失敗をずっとしてしまうと誰にも何も言われなくなり、そして気づかないうちに外されます。
これは本来あってはならない失敗であり、何度も苦しめられたことです。
残念ながら今まで生きて来た中でこの様な気づきができたのも本当にここ最近でした。

ここで、私はこの様な人たちに出会い、変わろうとしました。
・時間管理の上手な人
・順序立てることが上手な人
・思い立ったら行動したいが大丈夫かどうか色々聞いてくる人
・すぐ気づき、共有しようとする人

こんな人、今まで見たことがなかった。
というより、自分が相手に興味がなかったことも含めてます。

感謝の気持ち

イベント後のアンケートはまだはっきり見ておりませんが、イベント後にメッセージ等をいただきまして「素敵な場を提供してくださってありがとうございました」「とても楽しかったです!!」といただいた瞬間、苦労したことが吹っ飛ぶくらい嬉しかったです!!

また、今回のイベントで応援していただきました皆様にも感謝しております。こんなこと言ってもいいのかな?って思ってたことにもかかわらず協力していただけたり「私も手伝うよ」って言ってくれたりしていただきましてほんとうにありがとうございました!!

本当に、皆様の心の広さには感謝感激です!!!

集合写真

参加者の皆様と集合写真

カフェ交流会後に集合写真。

実行委員、スタッフ、登壇者様との集合写真

この様な素晴らしいメンバーで運営しておりました。
いろんな職種、いろんな個性があって準備期間から開催までの2ヶ月間、苦しいこともあったがとても印象深く楽しい時を過ごすことができました。

この場をお借りいたしまして、今一度皆様に感謝をこめて。
ありがとうございました。(マル)